コロナ陽性になってしまいました…闘病記?

2022年…こそは不安なく暮らせるかなと思っていたのですが我が家の中でコロナが猛威をふるいました。
何が不安かというと、…今の私にとっては転職後の仕事の慣れですね。
仕事って今後20年以上も働くこと、中々仕事になれることができてないこと、業務量が多くてヘトヘトになっているってのが不安ってところですかね。

考えすぎないようにしたいけど、それもそれで難しいからどうメンタルを保っていくかが重要。。


さて、今回は、、コロナのお話。
記録に残しておきたく、書くことにしました。


書いていたらものすごーーく長くなったので覚悟して読んで下さいね(´・ω・`)
スポンサーリンク

発端は下の子の体調不良

正直なところ私は気が付きませんでしたが、一番最初は下の子が発症しました。


日にちとしては11/11くらい?


家族の一人が罹患しまうと一家全滅すると聞いていたのですが、、、最終的にはまさにそのとおりとなりました。。

翌日には嫁が発症その翌日には上の子が発症しました。

普段であれば大きなショックをうけることはないのですが、下の子が発症した翌日、上の子、修学旅行予定だったんですよね。



なのに、濃厚接触者となってしまい修学旅行に行くことができませんでした。。



本人にその話題は出してないですが、残念だったろうなど考えると、なんとなくこっちまで気が滅入ってしまう感じになってしまいました。

このブログが公開されている頃は、ショックから立ち直ってますが、かなり凹んでいました。

そして全員発症へ

最終的には全員発症してしまったので偉そうには言えないのですが、コロナ罹患前は結構家族全員意識高めでした。


…一番下の子は除きますが(´・ω・`)


特に上の子にいたっては、学校から帰ってきたらすべての荷物を玄関においてまず最初にシャワーを浴びに行き体についたウイルスを落とし、玄関においた荷物も、部屋に持ち込まないという徹底ぶりw

片付けてというと、ウイルスがついているかもしれない…といって渋る感じw
…玄関にランドセルとか置きっぱなしも困るので最終的には夜に部屋に片付けていましたが。。

またうがいも定期的にしていたのでかなり予防はしていました。


が、我が家にコロナを持ち込んだのは下の子。
下の子は正直そこまで気にしてなく、俗に言う…あまりいうことを聞かずやんちゃ。


帰ってきて手洗いうがいはするのですが、1秒もしないレベル。。
そりゃ家の中に持ち込んでしまうよな…言っても聞かないのでどうしよもないですけども。。


で、まずその下の子が発症しました。
最初の症状は熱と倦怠感でした。


その後嘔吐したため、抗原検査キットを使って調べたところ陽性であることがわかりました。
陽性とわかった瞬間から、嫁と下の子は自宅の1つの部屋に隔離状態となりました。


その日からリビングは誰も使わない状態になり、私と上の子は自分の部屋(2階部分)に閉じこもる感じです。


ご飯は私が作り、上の子の部屋に持っていって一緒に食べ、下の子と嫁は近くに住んでいる義理両親が買ってきた惣菜を食べるといった感じでした。

私がそうしてとお願いしたわけではなく、自らといった感じですね。

洗い物に関して、私と上の子は普段どおり洗い物をしましたが、嫁と下の子が食べた食器などは別のスポンジを使ったり、惣菜なのですぐに捨てる(ただし、嫁と下の子の部屋にゴミ袋をおいてリビングやキッチンに持ち込まない)ようにしました。


そんな生活が3日程度続いたところで、上の子が咳をし始めました。


そして嘔吐。
嘔吐したタイミングで抗原検査をしたのですが、結果は陰性


なので、翌日も一緒にご飯とか食べていましたが、翌日に再度抗原検査をしたところ陽性でした。
この段階で私だけ陰性でした。


11/11以降、嫁の体調は悪化、下の子は少しずつ良くなっている状態。

特に嫁は食べるとすぐに嘔吐してしまうという状態で、inゼリーとかで栄養を取ろうとしましたが、それでも嘔吐してしまうのでどうしよもなかったみたいです。


自宅内隔離状態なので、私も正直どんな状況だったのか把握できてなかったというのもありますが。。

そして私自身は体調崩すことなく、なんとか一週間切り抜けられるかなと思ってましたが、週末の寝る前、喉の痛みというか違和感を感じました。


そして翌日起きてみると、、、熱と焼けるような喉の痛み
ただ、食欲はあり体も動く状態(だるいけど)だったので普通に家事をこなしました。


それプラス、我が家にあった抗原検査キットがなくなったので追加で3つ購入しました。 …結構高いのね。
が、そこは必要なので買うことにしました。

AmazonPrime様々でしたね、、、翌日に無事に届きました。


早速検査キット使いましたが陰性。


…と、ここから私の病状になってくるので章を分けますね!  
スポンサーリンク
 

私自身の症状の遷り変わり

最終的に最後に罹患したのが私で、且つ、一番重篤化したのも私でした(´・ω・`)
ので、私のケースを書いていきますね。

11/18(金)

上に書いた、この日の朝が熱が出た日でした。
抗原検査キットは実は喉の痛みを感じた前日にはポチッとしていました。


そして届いていた抗原検査キットを使って確認したところ…陰性
この日最終的に、熱が上がりに上がって39度超えました


インフルなのか??と思いつつも、この時すでに家族全員コロナ陽性状態だったこともありほぼコロナ確定なんですけども。。


私が喫煙者であることから、重症化リスクがあり医者にいかないといけないと嫁が言い、PCR検査を受けることとなりました。


…手洗いうがいして寝てれば治るのに…とこの時は思っていました。
かかった今も、基本空気感染なので手洗いうがいをきっちりとやれば防げると思っています(´・ω・`)


…家庭内感染は無理でしたけど。。

11/19(土)

喉の痛みが顕著になってきました。というか、このときは、つばを飲み込むときには完全に痛みが出ていました。

一応このタイミングでは、抗原検査で陰性(家族全員陽性なので、みなし陽性と言えるのですが…)でしたが、今日はPCR検査の日です。


嫁に医者まで連れて行ってもらい、PCR検査しにいきました。
嫁はこの頃はある程度回復していて、動ける状態になっていました。

私が見てもらった町医者では、入り口でやり取りを行いキットを受け取り、外で唾液を採取するというスタイルでした。



外だったので結構恥ずかしかったですw


私以外にもう一人PCR検査を受けに来た人がいましたが、十分な距離を取ってました。
外で大体3メートルくらい? 会話を交わすことはなかったです。

PCR検査の料金は 2,500円くらい でした。
PCR検査に行っている時は熱は高くなく、37度程度。


一日の間に熱が上がったり下がったりを繰り返す感じで、37度~39度を行ったり来たり。
そして寝る前。喉がびっくりするくらいの痛みになってきてました。


プラス謎の口内炎


口内炎も唇の裏とかじゃなく、喉の近くという謎の場所(´・ω・`)
でも、、ちゃんとうがいすると数時間で治るw


ちなみに私がうがいで使っているのはアズレンというものです。

【第3類医薬品】浅田飴AZうがい薬 100mL
ASADAAME(浅田飴)
¥1,203(2023/01/30 11:33時点)
説明文を入力してください

これ、殺菌消毒じゃなくて消炎作用があるので、のどが痛いときにはいつも使っていて常備薬になっています。

それに合わせて、パープルショットも使いました。


実際これ使ってうがいしたりすると喉の痛みが和らぎ、少し寝付きやすく。痛みが収まったタイミングで寝付きました。

11/20(日)

11/20は、1日の間で一気に熱が上がるタイミングと下がるタイミングがありました。

私の場合、かなり一日の間で症状が良くなったり悪くなったりする感じでかなり起伏がある感じです。


それに加えて、悪寒も頻繁に感じるようになってきました。
そういえば、、、食欲はこの段階でもバッチリありました。

が、あまりたくさん食べれないというか、ある程度食べたら満足感得られる感じですね。
あとは、あまり喉が渇かず、一日に500ml程度しか水分とっていませんでした。


そして寝る時間。
電気毛布までは出してないのですが、それ以外は完全に冬用の布団だしました。

ベルメゾンで冬支度(既に春に向かってる…)! 冬用の布団とホットコット買ったよー!
冬真っ只中!でもなく…これを公開するころには春になっていないといいのですが…もうなりますね(´・ω・`)今回は通販大手のベルメゾンさんで 寝具とホットコット(機能性インナー) を買いました。我が家の寝具は基本的にニトリで...

それでも寒いと感じながら寝付きました。
もちろん悪寒感じるレベルなので、体温は39度超えている状態です(´・ω・`)

11/21(月)

早朝、それは突然でした。朝5時過ぎ、、、尿意を催してトイレに行きました。
その時、パジャマが汗でベタベタでした。

熱下がってくれたのかなと思いつつも、体感としてはまだ熱がある感じでした。


そしてトイレで排尿。排尿が終わる頃、突然 冷や汗とともに吐き気が来ました。


早く排尿終わらせて便器に顔を向けたいと思って立ち上がって(座って排尿してました)、ふらっとしてドア開けたところ…



頭からぶっ倒れました(´・ω・`)



頭に激痛が走り動けず、、、脳内では「ガチーン!!!」という音が響いていて、全く動けない状態でした(打った頭が痛くて動けなかった)。

私の寝室は2階でトイレも2階なのですが、多分同じタイミングで嫁もトイレに行っていた(定かじゃない)ようで、2階から「ガンっ」というでかい音が聞こえたらしく、声出しながら2階に来ました。


この時、私自身呼吸すること最優先にしてたこともあり、返事することできず。。

その後、、、「大丈夫!?」「えっ、、、どうしよう」「血が出てるけどどうしたの!?」「救急車呼ぶね!」などの声が聞こえました。


もちろんこの時私自身、意識は十分にあるのですが、答えるのが億劫に感じるほど呼吸を整えたい衝動のほうが強く、呼びかけに無視状態。。。



…これが多分答えられない状況っていうんでしょうね、、、意識がありつつも。



倒れている時、少しも動きたくない(動けるほど体力がなかったことと、再度吐き気催すのが嫌だった)という思いがあり動かず、また、パジャマがどんどん汗で冷たくなって寒気を感じるようになってきました。

嫁目線としては、全く動かなかったことでより心配したようです。
時間測ってないのですが、10分くらいで救急車到着。

我が家は住所伝えただけでは分かりづらい場所(以前、呼び鈴つけた時も同じこと起きたw)なので、救急車を迎えに嫁が外に出ました。


その後救急隊の人が来てくれました。
人生約40年過ごしてきて初めて自分のために救急車呼ばれるという体験をしました。


手を力強く握ってとか、生年月日教えてとか事務的なやり取りしつつ意識があることが認められました。

この時私は知りませんでしたが、頭部に切創があり血の海(というほどでもないけど)になっていたことから、処置が必要という判断が下り、搬送先を探すことになりました。


後はドラマとかドキュメンタリーと同じ感じで、救急隊の方が病院一つ一つに対して電話をかけて受け入れてくれる病院を探す感じでした。


結果、近いところ3つほど断られましたが1つで受け入れがありました。

頭部なので、CTスキャンできるところという条件だったこと、コロナ陽性者ということで受け入れできないところが多かったらしく。。。


結局、自宅から車で1時間くらいかかる病院になりました(´・ω・`)
救急車で出発して少ししたら嫁も車で搬送先に迎えに来ることに。
救急車で運ばれている最中って意識がある分変なこと考えてしまうもんですね。。。

覚えている範囲ではこんな感じ
  • この救急車って自分が払っている税金で走ってくれてるんだな
  • 結構揺れるのな…赤信号で止まらないからずーっと振動とまらないなぁ
  • ストレッチャー…ビニール敷いてるから滑る…
  • 車内だとサイレン音結構小さい
  • 救急隊の人、運転中は全然話さないし音楽もかけないのな。手術した時はJ-POP流れてたけど
  • (コロナ陽性ということもあり)窓開けてて寒い → 早朝だったし小雨降ってたし、自分熱あるし
  • でも車内で暖房効かせてくれて助かった
とか変な事考えていたら到着。


ストレッチャーでそのまま降ろされ、病院内へ。

病院内で、ストレッチャーから病院内で使われている移動式ベッドっていうのかな?に載せ替えられて診察室っぽいところへ移動。


少し待っていると、看護師さんとお医者さん登場。
当直医が全く関係ない科の人でした(救急車で運ばれるときに合意済)。


とりあえず頭部の切創確認。


「うーん、ぱっくり切れてるね。4~5cmくらい??」


ホチキスで傷口開かないように止めよう。ホチキス持ってきて」




…ホチキスぅぅぅ!?



いや、、、後で調べましたよ。うん。いや、調べないほうが良いです(笑)


ものすごく痛々しいです。
それでも調べる人は、、、医療用ステープラーとかで調べると。。


調べないほうがいいといいながら、いいところだけ書くと、縫うよりも皮膚へのストレスは低いみたいです。


そしてホチキス…麻酔なしで意識十分ある状態で処置されました(´・ω・`)
結果、医療用ベッドを両手で握って歯を食いしばれば耐えられるくらいの痛みですw


個人が感じる痛みなので、なんとも言えないのですが、私自身は結構痛いと感じ、、、注射よりも格段に痛いです。

私の場合は5回ほど留められました。。
これ以上の数は耐えられない感じでした(´・ω・`)


その後、脳のCT撮りたい? と聞かれたので撮ることに。
物理的に床にぶつけて痛かったので、脳内出血起きていたらやだなと思ったため撮影しました。


結果、大きな損傷はないみたいでしたが、細い血管が切れていてゆっくりと血液が漏れ出ていると1~2日後に脳出血起こすこともあるので注意してくださいとのことでした。


今回はこれで処置を終え、迎えを待つことに。


結果、倒れたときに汗をかききっていたことで熱は下がっており体調自体はそこまで悪くない(倦怠感はあるけど)状態でした。


もちろん会社は休みました。
そして夜、恐怖のシャワーの時間。


お湯かけて痛くないかな…シャンプー平気かな…と思いながら恐る恐る洗いましたが、予想していたよりも滲みませんでした。


いつもはトニックシャンプー使ってましたが、流石に今回は使わずw

泡立てて優しく洗いました、、、結構傷口とは別のところに血液が固まっていたので丁寧に洗いましたよ(´・ω・`)



寝る時間、、、傷口が後頭部よりの側頭部なので、片側向いてしか寝れませんが我慢。
身体的に疲れが溜まっているようなのでおもったよりも普通に寝付くことができました。

11/22(火)

この日も会社は休み。というか、休みながら仕事しようとしたら、ちゃんと休みは休んでくださいとしっかりと怒られました(無駄に凹んだw)


まともな職場だと感じつつも、仕事間に合わんよなぁ…と思いながら、少しだけ仕事進めました。。


体調は、熱は上がることなく、咳がひどい
まぁここ数日と同じかな…と思っていたのですが、夜に突然症状が変わりました。


時間もメモったのですが、20:30に…完全に味覚なくなりました。

ニュースや色々なサイトで味覚がなくなるというのを見てどんな感じだろうと思っていたのですが、まさに自分がなるとは。


というわけで折角のめっちゃ貴重な体験なので言語化していきますw


まず、味覚というか、嗅覚が完全になくなる感じです。
それもいきなりでした。夕飯を食べたのですが、その時は味を感じていました。


特にいつもと変わらなかったのですが、私は喫煙者なので食後に一服をしていた時違和感を感じました。


あれ…?いつもと煙の味が違うような…気が。
自分がコロナということ、味覚に影響がでると目にしていたので喫煙後、すぐにガムを噛んでみました。


ちなみに噛んだのは、最近懐かしくて買った板ガムの梅味w



………えーーー!!あの独特な甘さと香りを全く感じない!!!!


何この感覚…w
本当に味も香りもしないものを噛んでいる感じ


表現するとしたら、いつもなら鼻に抜けるときに感じる香りが全く感じず、下の上にガムを広げても味覚感じません。



ただ、感触だけ。。



無味無臭…、、、これは食事がつまらなくなりそう、、と最初に思いましたw
さて、味覚は今後戻るのか…。

ちなみに頭部は触ると痛い程度。まぁ、切創なので普通の切り傷と同じです、、、場所が頭部ってだけで。

11/23(水)

朝起きてとりあえず歯磨き。
…もちろん歯磨き粉の味はしませんw


その後コンソメスープを飲みましたが、ものっすごくかすかにコンソメっぽい味を感じましたが、旨味は全く感じないという感じ。

熱は測っていないですが体調的に平熱くらい。


ただ、喉の痛みは変わらずあることとと、鼻水の量が増えていること(青っ鼻なので風邪だと治りかけの症状?)、痰が増えてきたという感じでしょうか。

ティッシュの消費が早いので、出かけたときに安いティッシュをまた買いだめしておかないと…。

現時点でのティッシュの残りは6箱くらい。

ちなみに頭部の傷は痒みが増している感じです。

コロナ発症してから5日目ですが、今私に出ている症状としては
  • 味覚障害
  • 咽頭痛
  • 鼻水
といったところです。


味覚障害(嗅覚も)が意外と厄介で、私の数少ない楽しみの一つである食事が制限されている感じです(´・ω・`)


というのは、いい匂いを感じられないため、食欲がわかないんですよね。

絶対お腹すいてるのは間違いないのですが、食べたいという気持ちがでてこないため、確実にご飯の量が減ってるなと感じてます。


それとともに、排便の数も減ってるなーと感じてます。

11/24(木)

少しだけ仕事をしてみたが、途中で疲れる感じです。まだまだ万全な体調じゃないことを何となく感じてます。


喉の痛みは継続してあり、結構痛みがきになるため、ペラックT錠飲みました。


夜には少しだけ落ち着いたのですが、体調自体はあまり良くない状況が続いています。
熱は36.5度程度、咳は少しずつ減ってきたのを感じつつも、鼻水鼻詰まりはむしろティッシュの消費量が増えている感じですねw


ただ、味覚障害については少し進歩がありました。
それは…片方の鼻だけ嗅覚が戻ったような気がする…というレベルですが、少し感じました。 ちなみに味はまだ全く感じない。。。

スポンサーリンク
 

11/25(金)

やっとこさ熱が下がり始めました!
咳も少しずつ収まりはじめ、咳が減ってきた分だけ喉の痛みも軽減してきた感じです。


この日も仕事は強制的に休みだったのですが、とりあえずやらなきゃ間に合わない状況になっているので、少しだけ仕事をしました。が、仕事をすると疲れが一気にきます。


多分まだ万全の状態じゃないのかなと。
…いや、仕事をしたくないだけですねw


そしてこの日一つの変化が。


片方の鼻で嗅覚が復活しましたーー!
が、完全に復活したというわけではなく、なんか匂いを感じる…というレベルの回復です(´・ω・`) これに気がついたのはまたしても板ガム。 もう…いつ嗅覚が復活するかなとかなり頻繁に匂いをかぐようにしているのですが、そのときに匂いを少し感じ嗅覚が少し戻ったかなと実感しました。


が、これも万全じゃなくご飯の味も微妙に味気がなかったり。。。
ただ、やっぱり体力は回復しきっていないなぁというのがこの日の印象でした。

11/26(土)

療養期間的にはこの日が最後になる(外出制限もこの日まで)のですが、体調としては7割程度復帰したという感じです。

熱もなく、咳もほぼ出ず、喉の痛みの感じなくなっています。
今残っている症状としては、
  • 味覚障害
  • 鼻水鼻詰まり
  • 体力低下
という感じです。


味覚障害に関しては、昨日よりも良くなっているのですが、まだまだ万全には程遠いうという感じです。


というのは、味はするのですが、コロナ前と味の感じ方が違うんですよね。
味覚が変わったというわけではなく、まだ少し味が薄く感じるというか、風味をあまり感じないという感じですね。


完全に戻るのかというのが気になるところですが、全くの無味無臭だった頃を考えるとかなり改善してきたなぁと。


そして鼻水鼻詰まり。
これも前日と比較すると減ってますが、まだまだ出ます。

が、ティッシュでゴミ箱がいっぱいになるペースが下がったことから、明らかに鼻水は減ってるなと。


そして体力低下。…なんか疲れやすくなっています。
それプラス、まだご飯がコロナ前と比較してたくさん食べれていません。

元々どちらかというと大食いな方なので、たくさん食べれていないと言っても一食でご飯1合弱は食べれています。

ただ、この日は低気圧だったことから頭痛が少し。これは解熱鎮痛剤でおさまりました(いつものことです。。)


で、この一週間で市販薬の解熱鎮痛剤は5回程度服用しました。ちなみに飲んでいる市販薬は、アダムA錠という安価な解熱鎮痛剤です。

  一日一回と自分の中で決めていたこともあり、過剰摂取にはなっていないんじゃないかなぁと。
…虫垂炎のときは、痛くて一日の限界量まで飲んでましたからね。

虫垂炎のときは、闘病中、入院中の話でお医者さんと看護師さんからOKもらって処方薬を飲んでいた感じです

11/27(日)

症状は11/26とほぼ変わらず。味覚障害が少し残っている状態なのと、鼻が少し詰まっている感じでしょうか。

今よりも良くなるのは時間がかかりそうだなぁと思っています。
なので完治はないですが、コロナの症状はほぼほぼ落ち着いたと言えるのかなぁと。

まとめ

コロナ陽性になってしまったときの闘病記を書いてきました。


今更…という感じがするかもしれませんが、結構人によって症状が違うようなので、私自身はこうだったということを残すことで、誰かを安心させることができればなぁと思います。


実際、私の家族は私以外全員嘔吐から始まりましたが、私は結局嘔吐しなかったり、私だけ味覚障害になったりと本当に人によって全く違うというのを自分の身をもって知りました。


病気の症状って気になって調べちゃいますよね。
…ただ、私のブログって検索に弱いのであまりヒットしないかもですけども(´・ω・`)


が!! 誰かの役に立てばなぁと思って書きましたー!あとは、、自分の備忘録みたいな感じですねw


転倒したときの頭の傷はこれを書いているときは医療用ステープラーが刺さっている状態(笑)で万全じゃないですがw



とりあえずコロナ闘病記でしたー!
医療用ステープラー取ったら更新するかもしれませんー!  
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ