【歯医者通院日記1】歯が痛い!! 2年ぶりに歯医者に行って親知らずを抜いてきた

GW前からGW後にかけて、、、というか、4月、5月よく頭痛に悩まされていました。


元々、気圧の変化に敏感で低気圧が来るとき(雨の日とか曇った日)よく頭痛がおきていました。



が、あまりに頻繁に痛くなるようになったのでなぜかなと思って聞いたり調べたりしたら、いくつかの原因が考えられました。
  • 肩こりからくる頭痛
  • 目の疲れからくる頭痛
  • 気圧の変化の頭痛
  • それ以外の原因
私自身は肩こりを感じたことがないのですが、普段デスクワークがメインなので、肩こりになってないわけがないんですよねw


同じ理由で目の疲れからも頭痛になっているかもと考えていました。

目の疲れに関しては以前サプリメントを飲んでいたこともありました。
最近目の疲れがひどい! ビルベリーのサプリを始めてみましたが、その効果はいかに?
もうタイトルの通り! 最近ほんとに目が疲れます。本当に目が疲れているのかわからないのですが、目が痛くなることがよくあります。実は目だけではないというか、本当に目が疲れているのかわからないというのが本音ですが。例えば頭痛でも実際...
そんなことを考えていたある日、寝るとき突然歯痛に襲われました。
スポンサーリンク

突然の痛み

きっかけは顎を少し横にずらしたことです。



…なんでその時顎を横にずらしたか覚えていませんがw



左奥の歯が、眠れないくらいの痛みに襲われました。

えっ、、、虫歯ってそんな急になるんだっけ…と考えつつ、楽な体勢を探しつつ眠りに付きました。



そんなことが起きたのが2019年の5月終盤。

実は…今から2、3年前にも同じところが同じような痛みが発生して歯医者に行ってきたんですよね。

虫歯は無かった

痛くなってから約一週間経ってから歯医者に行きました。



というのも予約が取れなかったから遅くなりました…(´・ω・`)



いつも同じところに行っているのですが結構混んでいるようで、予約すると1週間くらい待たされるんです。




実は…その一週間の間に痛みがおさまってきていたのです。


あれ?? 前と同じかもと思いつつ診察してもらうことに。



結果、やはり虫歯はありませんでした…


じゃあ痛みの原因は…と聞いてみました。

痛みの原因は複数考えられる

結論として、痛みの考えられることとしていくつかあり、

それらを一つずつ潰していかないと直接的な原因はわからないと言われました。

原因可能性1:左上の親知らず

最初の原因の可能性の1つとして、まず「左上の親知らず」を言われました。


この親知らずがどんな状態になっているのか聞いてみると、治療の必要のない虫歯があることに加えて、他の歯を圧迫している可能性があるとのこと。



個人的には親知らず自体不必要な歯とはいえ、無理に抜く必要性を感じず今までそのままにしていました。



が、治療の必要はないとはいえ虫歯があること、頭痛の原因の可能性があれば抜いてしまうのもありかと思いました。


かなり奥なのでブラッシングも難しいですしね。。

ただ、歯医者さんとしては抜きたい意向のようで…なんで歯医者さんって親知らずを抜きたがるんですかねw

原因可能性2:食いしばり(歯ぎしり)

次の可能性は「食いしばり(歯ぎしり)」


私自身は時々歯ぎしりをするということは嫁から聞いて自覚はしています。




自覚はしているといっても、歯ぎしりをしていること自体は無意識ですが(´・ω・`)


私自身が疲れているときや、飲み会の日は眠りが浅いこともありそういった日に歯ぎしりをしているそうです。




歯ぎしりをしている疑いとしては、犬歯(糸切り歯)がすり減っていると…


そこまで強く食いしばっているので、食いしばることによって、筋肉が緊張した状態が続き肩こりや首こりが起きて頭痛や歯痛につながる原因となり得るようです。 ちょこちょことこういったものを貼っているんですけどね。。
ちなみにこのロイヒつぼ膏結構効きますw

原因可能性3:左下の親知らず

個人的に一番の原因だと感じたのが「左下の親知らず」



歯医者さんとしてはそこまでの原因になっていないとの推察らしいですが、レントゲンを見ると横の歯に向かって90度傾いて生えているんですよね(´・ω・`)


これによって、横の歯を圧迫して痛みが発生すると思いました。

が、歯医者さんがこれを可能性3とする理由としては、一番治療が難しい箇所らしいのです。



下の親知らずは抜くのが少し難しいこと、そもそも神経にかかっているので大きな病院を紹介しないと抜歯は難しいと。





…歯医者として利益が上がらないからなのかな(´・ω・`)




まぁとりあえず、歯医者さんとしては一つずつ可能性を潰していって様子見をしたい方針とのことでした。
スポンサーリンク

最初に左上の親知らず抜く

結果的にというか、流れ的に最初に左上に生えている親知らずを抜くことになりました。


大学生の頃に右下の親知らずを抜いたことがあるのですが、抜歯は痛くなかったのですが、抜糸が驚くほど痛かった記憶があります。



抜糸時って麻酔なしなんですよね。



私が少し歯医者にいくのが遅くなってしまったからというのもあるのですが、皮膚というか歯茎に糸が埋まり込みくっついてしまったせいでかなり抜糸が大変だったんです(´・ω・`)




今回もそんなことになったら嫌だなぁと思っていたら、     今回の抜歯は縫いませんよー!!



と。

え!! それなら抜こうかな! と思わせてくれましたw

19:00に予約して行ってきた

私が行っている歯医者さんは抜歯などの外科的な処置は19:00以降とのことだったので、平日の19:00に予約しました。



親知らずを抜くだけといえどもやっぱり手術は手術。

ドキドキします。
手術は盲腸以来です。
【盲腸日記1】下腹部が痛い。。診断結果は虫垂炎。
11月中旬あたりに、下腹部に痛みがあり病院に行きました。 そこでされた診断結果は、虫垂炎。多分盲腸といったほうが一般的かもしれません。 盲腸になる過程から治るまでを書いてみようかなと思いました。 …次に盲腸になって...
…まぁ、そんな頻繁に手術なんてするものじゃないんですけどねw


19:00ぴったりに処置室に呼ばれました。



結果だけ書くと…待合室に戻ってきたの19:14くらい。





はやっ!!!


大体の時間を書くと…
  1. 簡単な説明3分程度
  2. 麻酔して5分程度待つ
  3. 3分程度で抜歯完了
ってな流れ。


早すぎませんかw?

怖がっていた少し前の私恥ずかしいw



ガーゼを30分ほどしっかりと噛んでくださいと言われて終了です。 しっかり噛むのは止血のためらしいです。


手術翌日に消毒をするとのことで予約を取り、抗生物質と痛み止めももらいました。

…結果的に痛み止めを使うことはありませんでした。

まとめ

今回は親知らずを抜いたときの話でした。

実は次回もあって、次回はナイトガード(マウスピース)についてです。



マウスピースについては次回書くとして今回は親知らずのまとめ。

可能性3の「左下の親知らず」は今回抜いていないのですが、少し歯周病の疑いありとのことで今後の事も考えて歯ブラシなどを購入しました。



それはまた別に機会に書きますね。



ただ、上から生えている親知らず簡単に処置できるんだなと驚きました。




もし私と同じように頭痛や肩こりで悩んでいる人は、実は食いしばりや歯が原因となることもあるようなので、違和感を感じたら歯医者に行くというのはありかもしれません。



次回は、同じ歯医者さんでマウスピースを作ったのでその時のことを書いていきますよー!
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ