youtube用の動画撮影は10年近く前のxactiで十分! まだまだ現役で使えることは嬉しい!

以前に初めてyoutubeに動画投稿しました。
しっかりとした編集作業をしたのは大学生以来ですw

youtuberになる気は全く無い(笑)ので、動画編集を極めようとは思っていないのですが、やっぱり楽しいですね。

昔と違い、編集も数時間レベルで出来るような時代であり、動画撮影するためのカメラもスマホでもできちゃいます。

そんな中私は、、、数年前に購入したビデオカメラ、xactiを使いました。

スポンサーリンク

公開した動画

公開したのはこのエントリーのときです。




我ながらカメラアングルが悪いなぁと編集中に思っていましたけどねw

やっぱりインターネット上に自分の姿をさらけ出すというのは勇気がいるものです。


さてこの動画、実は2007年発売のビデオカメラを使用して撮影しています!


2007年って…もう10年も前。私自身、独身生活を謳歌していた時代ですねw
今は亡きSANYO製のxacti DMX-HD700というビデオカメラです。パナソニックのサイトに残骸が残っていますw



このカメラ、意外と評判が高く今でも中古で売り出されています。



ただ、、、正直な所、時代遅れだとは思いますけどねw
そんな10年近く前のカメラですが、、、youtubeにアップするための機材と考えればまだまだまだまだ現役です。


[ad]


なぜ古いカメラで撮影したのか

電鋸の動画を見た際に、10年前のカメラということがわかったでしょうか。
バッチリ良い画質のものと比較したり、大画面でみると画質の悪い差が露呈してしまいますが、現状では必要十分という判断のもと、古いカメラを選びました。

理由はいくつか有ります。

編集作業が楽

上の方にも書きましたが、たった数分の動画の編集にも数時間という時間がかかっています。
仮に画質のよい映像を編集するとなると、より時間がかかります。

私が持っているxactiはHD画質と呼ばれるサイズで撮影されるのですが、今やスマホでもフルハイビジョンとよばれるFHDが主流です。


何が違うかというと、画面解像度というものが違います。
FHDは1920×1080というサイズに対して、HDは1280×720と少し小さいのです。


…と言われてもわからないかもですがw


参考に、DVDの画面解像度は720×480です。なので、10年前に発売されたビデオカメラで撮影した映像はDVDよりも画質がいいと言えるかなと思います。

この画面解像度が高いものは一般的には綺麗とされていますが、その分データ量が増えます。動画編集は、最終的にエンコードという作業を行うことで動画のサイズを小さくするのですが、大きなサイズを小さくするのは時間がかかってしまいます。


そのため、FHDとよばれる解像度よりも小さい、HDで撮影できるxactiを選びました。

youtubeでFHD以上はいらないかな

2つ目はyoutubeではFHDレベルの解像度はいらないかなと思っています。

なぜなら1番youtubeが見られている媒体はモバイルやタブレットだと思うんですよね。


…私はPCで見ることが8割以上ですけどw


なので、モバイルやタブレットで見る層が多いのであれば、画面を最大サイズにしてもFHDとHDの違いがそんなわからないんじゃないかな…

という想像の元HDでも問題ないかなと思っています。


…これは時代と逆行している気がしますけどねw

なぜなら、PCではなくTVに映してyoutubeを見たりする時代になってきてますからね…。



ただ、個人的にはyoutubeの動画はHDあれば十分かなと思っています。


…また10年後は違うんでしょうね(笑)

スマホ用の三脚を持っていないから

最後はおまけみたいなものですが、スマホ用の三脚を私は持っていません
スマホは簡単にいつでも撮影できるというのが魅力なのに、三脚を持ち歩くのはちょっと…と思います。

カメラ自体の性能がいいものもたくさんでているので、スマホで気軽に撮影するといった選択肢もありかもしれませんが…。

一応、室内撮影用の小型の三脚と、一眼レフカメラを支えることが出来る三脚を持っています。


xactiで撮影するときは、小型の三脚を使用しました。

使っているのはこちらです。



値段も安く、本体も金属製なので頑丈です。
何より本体サイズが30センチ以下というのが嬉しいところ。

ハンディカムも設置できたので、運動会などで活躍すると思いますよ!

これだけ機材がそろっちゃえば…そりゃ古いカメラも使いたくなりますよねw


これからも長くお世話になります

何よりちょこちょこ使ってまだ壊れずに現役なのが嬉しいです。
子供でも簡単に操作ができること、youtube閲覧に耐えうることが出来る画質であることが嬉しすぎます。

そしてなにより消耗品である電池が互換ではありますが、未だに売られていること。



以前は、台湾セルがあったのですが今は中国セルしかないのが残念ですが(´・ω・`)
すでに2回ほど購入していますが、バリバリ動いています。爆発していませんw



基本持ち歩かないので、30分程度で電池が切れても問題ありませんw

大体10分程度しか持たなくなるくらいまで劣化したら毎回買い替えています。


xactiシリーズがなくなってしまったのはとても残念ですが、これからも大切に長く使っていこうと思っています。

↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ