アイロンの調子が悪いので購入しました…やっぱり今年は出費が重なる年なのか(´・ω・`)

またもや電化製品買いました(´・ω・`)
今回はアイロンです。


…無駄遣いではないはず!!


本当今年は目に見える出費が多いです(´・ω・`)

収入は全然多くないのが問題ですが。。
いや、、、赤字家計どうしよう。。

スポンサーリンク

実は壊れていたアイロン

最初に書いちゃいますが、今回購入した電化製品はアイロンです。
今までにアイロンの購入歴は1回で、現役で使っているのは、壊れかけのものを義母からもらったものです(笑)


最初に購入したものは、ニトリのケーブルがある安いアイロンを使っていました。
その後まだ使えたのですが、義母がコードレスが余っているからともらいました。


嫁もコードレスのほうが使いやすいらしく使い続けていたのですが、中々シワが伸ばせなくなってきました。
生地に押し付ける面を見てみると、かなり劣化しているようでした。

まぁ…かなり見た目も古そうでしたからねw

一部プラスチック部分も破損していたので、新しいのを購入しようかという話になりました。


どんなアイロンがいいんだろ

私自身はアイロンを使わないので正直なところ、どのようなものが使いやすいのかわかりません。
なので嫁に聞いてみることに。


すると、
  • 絶対コードレス
  • 出来ればハンガーに掛けたままかけることができるもの
  • あとはなんでも良い
ってな感じでした。
必須条件はコードレスということでした。


コードレスはやっぱり使いやすいみたいですね。


次にハンガーに掛けたままかけることが出来るタイプのアイロン。
正直個人的にはいらないと思う機能の1つではあるのですがw

私自身、スーツ&Yシャツを年に1回程度しか来ないので必要性を感じないという。。。


よくよく聞いてみると嫁もとりあえずやってみたいという興味のほうが大きいらしくw



あとは、個人的に今使っているアイロンがパナソニック製なので、同じメーカーの方が使い勝手も似ているかなと思い、パナソニック製で探すことにしました。
価格.comで調べてみると…ほぼパナソニック製がランキングを占めていて笑いましたw

ランキング見た瞬間に一択でしたが。。


購入したアイロンは…

カルル NI-WL403-P」という機種にしました。



いつも通りAmazonで購入しました。



パッケージはパナソニックらしいパッケージw
側面には特徴が書いてあります。



中国製とデカデカと書いてありましたが、もう慣れっこですw
チタンコートと書いてあります。滑りが良くなるんですかね。

開封してみます。



開梱方法などがかいてありますが、、全く読まずに開けていきますw
意外とこういうのって読まないですよね。。


…自分だけなのかな。



発泡スチロールをどけると本体が見えます。
ガサガサ取り出します。



CaRuRu(カルル)と商品名の書かれたカバーとちらっと見えるピンク色のものが本体です。

分けます。



なんかカブトムシみたいw
この本体のピンクがかなり派手なので好みが分かれそうです。
また、全体的に光沢があり写り込みを消すのが大変でしたw

女の人メインで使うことを想定されているからかな。。



アイロンを置く台の右下にコンセントが収納されています。
ケーブルが見えないので綺麗に見えますね。



操作部です。
左から温度設定、スチームボタン、スチームの強さを設定します。

基本的にはアイロン台を使ってシワを伸ばすことに寄った商品ですが、一応ハンガーに掛けたままでも使えるようです。



温度設定は、低・中・高とよくあるもの。
丁度本体を持った時に親指の所にくるので操作しやすいかなと思いました。



アイロン収納台です。
ローラーが付いており、ローラーに滑らせて、下の隙間に入れると充電が始まります。



裏面。
1400Wって結構アイロンって電力使うんですね! 知らなかった!

2017年製で2017年に購入したので、いつまでもつか楽しみではあります。



説明書。
…まぁ…いつもどおり、最初とトラブル時しか読まないでしょうけど(´・ω・`)


[ad]



使ってみた感想

やっぱり壊れていたものから壊れていないものへ変えたのでいいのは当たり前ですw

実際新しいからというのもありますが、滑りが良くまた、シワもすぐに伸びてくれます。

興味本位から1度だけ、ハンガーに掛けたままアイロンが出来るか試してみました。






、、、うまくできず(´・ω・`)






スチームもやってみましたが、結構水が床に垂れてしまいました。

なので、ハンガーに掛けたままアイロンを掛けたいと言う人にはあまり向いていないと感じました。


スチームの状態を動画撮影したのですが、うちの壁紙はほとんど白なので水蒸気が映らずよくわからない映像になってしまったため、お蔵入りです(´・ω・`)


水を出すためのボタン(ショットボタンが)を試してみたところを動画にしたかったんですけどね…


家に手頃な場所がなかったのと、動画が荒いこと、白い壁紙でショットの様子がちゃんと撮れなかったことから。。
三段階の切り替えがあるのですが、ドライに合わせてショットボタンを押すとシューシューと言いながら水蒸気が出ました。


ショットは温度が高の場合は、3回くらいまでは水蒸気としてしっかりでますが、それ以上ショットボタンを押すと水がたれてきてしまいます。


なのでスチームの連続使用は少し難しいかもといった印象です。




まとめ

購入して約4ヶ月が経ちました。もちろんまだ故障していませんw

コンセントが自動巻き取りなところがかなり便利です。前は冷めてから本体にぐるぐる巻きにしたり、ケーブルを結んで片付けてた記憶がありますからねw
なので、コンセントのケーブルに癖が付きません。


購入したタイミングは…電動自転車やら洗濯機を購入した近辺での購入だったので完全に散財していました(´・ω・`)







なのでクレジットカードでの請求額が驚くほどの金額に。。。
アイロン自体は特に問題なく使えています。

[amazon_link asins=’B012C9RIC4′ template=’1′ store=’anzm-22′ marketplace=’JP’ link_id=”]

子供が大学生になるまで使えるといい(15年くらい)なと思っていますが…
アイロン台もボロボロの物を使っているので、タイミングを見て購入しようと思っていますが…。

[amazon_link asins=’B00352QZPY’ template=’1′ store=’anzm-22′ marketplace=’JP’ link_id=”]


いや、、、タイミングなんてないでしょうけどw
やりくりをもっとうまくするか、もっと稼ぐかの選択肢しかない。。


↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ