除湿機もっていない人必見! 使ってみるとわかるけど…驚くほど快適に生活出来ます。

  先週というか今年の梅雨は非常に長い期間雨が降っていたなぁという感じでした。それを一番感じさせるのは洗濯物の生乾きの感じ。

夏の日に外に干した洗濯物はパリっとしてとても気持ちいいのですが、部屋干し、我が家の場合は浴室乾燥ですが、どうしても生乾きで臭ったり、しなっとした仕上がりになります。

また、家の中の湿度が異常なくらい高くなります。今は戸建てですが、賃貸マンションに住んでいた時は今よりもひどかったという湿気がひどかったです。
スポンサーリンク

テレビで聞いた記憶

我が家は何もしていない時や、部屋にいない時でもテレビが付いていることが多いです。完全なる無駄遣いということはわかっているのですが、嫁がテレビはいつもついていたほうが良いらしくそうしています。


私自身はテレビが好きではなくほとんど見ません。そんな時、テレビの話題で除湿機はすごくいい! ということをニュースの特集か何かのバラエティで言っていました。


それを聞いた当時、賃貸マンションに住んでいて湿気に困っていました。特に梅雨時の洗濯時。
以前住んでいたマンションには浴室乾燥機がついていなかったので完全に部屋干しになるのです。

そのため、暑くもないのにエアコンのドライ機能を選択を乾かすためだけに使っていました。

エアコンのドライ機能って部屋全体を快適にするという意味ではとてもいいのですが、洗濯物を乾かすという意味ではそこまで意味をなさないということをその時に知りました。

エアコンは部屋全体の管理をするイメージなのですが、洗濯物って一箇所に固めてしまうので乾く速度であったり、部屋干しの臭いというものはどうしてもきになってしまいます。


そこで先のテレビから除湿機は凄くいい! という一部分だけ聞こえました。
その時の私のイメージは除湿機って役立たないでしょ! とか、あんな小さい機械でそんな劇的に変わるわけ無いじゃん! ということを思っていました。


でも気になったのでネットで調べてみると気になる口コミがあります。


「騙されたと思って使ってみて」


「こんなに快適になるとは思わなかった」






バッチリ騙されて購入しましたw

スポンサーリンク

除湿機

購入したものはコロナ製の除湿機。 我が家の除湿器はこのうえのものより4世代程度古い”CD-P6311(W)”です。
見た目はこんな感じ。

joshitu1
先ほどの”CD-P6315(W)”と比較しても正直見た目は全く一緒です。多分、今のものは機能的には上なんでしょうけど。

そしてこの除湿機、購入して大正解でした。確実に二番煎じですが、






騙されたと思って使ってみてください





ほんとこれ以上言いようが無いのですが。。。

まず、体感として除湿されているということを非常に感じることが出来ます。というのも私は手掌多汗症でかなり手のひらが湿っています。
[多汗症]自家製塩化アルミニウム液を作ったよ!
少し前に注文しておいた塩化アルミニウムが届きました。何のために購入したのかというと、自分で制汗剤を作るために注文しました。多汗症?通販もある、三木染料店で購入しました。その他薬局でエタノールと精製水を買いました。私は多汗症で...
単純に部屋の湿気は関係ないのですが、除湿機を使った部屋だと不快感を減らすことが出来ます。というのは、手掌多汗症の人しかわからないと思うのですが、
手のひらや足の裏がベッタベタになるのですが、部屋が除湿されていることで不快な感じが少し減ります。

何より「この部屋蒸し暑いね」っていうのが全くなくなります。それが一番の驚きでした。
ジメジメしてると蒸し暑いという言葉をよく使うと思います。私自身、除湿機を使う前はよく使っていました。
しかし、除湿機を使い始めてからは部屋が蒸し暑くなったことがありません。


実際のところ、除湿機からは温風が出ているので部屋の気温自体は上がっちゃってるのですが、湿気が少ないと蒸し暑いと感じることがありません。
人間様の体は水分でできているらしいのに外部の湿気には弱いとはちょっと可笑しげですがw


ある程度除湿されると、タンクに水がたまります。その水の量を見てニンマリすることが多いです。半日程度付けたままにしておくと、タンクの半分くらい水がたまります。

これだけの水が空気中を漂っていたのか! と思うとかなり驚きます。

しかもその水は見た目はかなり綺麗です。
実際は雑菌が入っているらしいので選択などには使わないでくださいとのことです。


多分、タンクの水を見たら使いたくなると思いますよw



そして、、、これ部屋干しにもバッチリ使えます。

何より洗濯物にピンポイントで水気ゼロの空気を直接当てるので乾くのもかなり早い。エアコンの除湿よりも間違いなく早いです。
ただ、洗濯物の仕上がりとしてふわっとした仕上がりにならず、ゴワゴワになるので注意が必要です。


でも、、、生乾き臭いに比べれば…ってなかんじです。ふわっとした仕上がりを求めるのであれば、柔軟剤を変えることでなんとかなるかもしれません。

メリットとデメリット

さて、最後に際立つメリットと、残念なところも書いていきます。

メリット

  • 予想以上に快適な部屋になる
  • メンテナンスフリーに近い
ぶっちゃけ、除湿機って役に立つの? エアコンのドライじゃダメなの? と思っている人が大多数だと勝手に思っていますが、さすが専用商品でしょうか。

自分が予想していた以上に部屋全体が快適空間となりました。

そして何より、私自身旧製品を使っているのですが壊れない!
主に梅雨時しか使わないのですが、約4年使って故障していません(2011年製)。今年も元気に動いています。


さらにメンテナンスという名の掃除すらやっていませんw

タンクを軽くスポンジで磨く程度でフィルター掃除など全くしていません。
このエントリーを書いている時にフィルター部を確認したのですが、誇りとかもなく掃除する必要があるかどうかも疑問ですw

メンテナンスしていないのに壊れることなく元気に動いてくれるのはありがたいことです。

デメリット

普段から私のブログを読んでいる人は知っていると思いますが、どんな製品でもデメリットを探しますw 今回の除湿機のデメリットはというと…
  • 本体がかなり重たい
  • 音と振動
本体が予想していたよりも重たいです。約8キロもあり、女性では持ったまま移動するというのは大変です。なので、できれば部屋に一つ置くといいと思います。

我が家は私が1階と2階を持って移動していますが、煩わしいので、来年の梅雨前にもう1台購入予定です。

今年は(というか毎年)ボーナスがなく、除湿機購入予算がありませんでしたorz 来年こそ買いたい!


もうひとつのデメリットは、音と振動が結構大きいことです。ある程度水がたまってくれば音だけになるのですが、最初はモーターが結構強いためかガタガタと振動することがあります。

マンションで壁や床が薄いと少し迷惑になるかもしれないので注意してくださいね!

まとめ

さて、今回は我が家で使っている除湿機について書きました。

あとで気がついたのですが、楽器(アップライトピアノ、ギター、バイオリン)や、一眼レフカメラなど湿気に弱いものが意外と私の周りに多いなと感じました。

また、ジメジメした環境は私の大嫌いなゴキブリを寄せ付けやすくなってしまいます。
ついに今年最初のゴキブリが出ました…。 我が家には退治に必須の道具があります。苦手な人は必見かも!
今年はじめてのゴキブリが出ました…。私自身ゴキブリが非常に苦手なのです。そして嫁も苦手。子供は見たことがないから見てみたい! とはしゃぎ回る始末w最初蟻でもびびってた子なのでゴキブリなんて見ちゃったらすぐに逃げ出しそうで...
しっかりと除湿をすれば、ゴキブリを寄せ付けなくなると思っています。
というか、、、実際知り合いは除湿機を使ってゴキブリを見なくなったと言っています(あまり信じていませんがw)。

ただ、除湿機一つ購入するだけでここまで快適に生活できるということは驚きました。
壊れるまで使い続けようと思っています!
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ