【寄稿記事】WordPressでECサイトを作るメリット・デメリットと構築する方法【PR】

本エントリーは、決済代行サービス「KOMOJU」様から、寄稿されたエントリーとなります。
Wordpressは世界的にも利用者が多くECサイトを構築するのによく用いられるツールです。

Wordpressは利用者が多く無料で使用できるため人気のツールですが、ECサイトを作るうえで気を付けなければいけない点があるため、よく理解しておくことが必要です。


今回はWordpress でECサイトを構築する方法やメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。
スポンサーリンク

WordPress でECサイトを作るメリット

コストがかからない

Wordpressは誰でも無料で利用できるため世界でも多く使用されています。

さらにプラグインも無料のものが多く、ムダな費用がかからないので利益をあげやすいといえるでしょう。


ドメインやサーバー維持費はかかりますが、数十万円から数約万円かかるECパッケージや、月額利用料を支払う必要のあるASPカートと比べるとやはりWordpressの方が圧倒的にコストを抑えることが出来ると言えます。


自由度が高い

Wordpressは初心者でも簡単にデザインを変えたり出来るので、オリジナルのスタイルを確立することができます。

さらに特別な技術がなくてもダウンロードすれば利用できますし、利用者が多いのでテーマの改変などの情報も手に入れやすいのです。


プログラミングの知識があれば、自由度を無限に広げていくことも可能です。

ブログも運営できる

Wordpressでは同一のドメインでブログを運営することが出来ます。ブログを発信することで集客効果が上がり、売り上げに繋がっていくことでしょう。

ブログは商品をどう魅力的に見せるかやブログ運営し続けなけらばいけないなどという課題もありますが、コンテンツマーケティングとしては理想の組み合わせだといえるのです。

SEOに強い

SEOは集客にとても重要な要素を持っています。

Wordpressは何もしなくてもSEO対策しやすい構造になっていたり、検索エンジンのクローラー(検索エンジンがWebを巡回するためのボットプログラム)が巡回しやすいのです。


ですので、SEO対策に時間を費やす必要がなく、本業に集中できるのです。   

WordPress でECサイトを作るデメリット

自己責任になる部分がある

Wordpressはドメインやサーバーなどの準備をすべて自分でおこなわなければいけません。

得意な人でない限り、ややこしいと感じてしまう人もいることでしょう。

場合によってはプログラミング言語に関するスキルが必要になることもあったりと、専門的な知識がないとスムーズにいかない場面に遭遇することも考えられます。

セキュリティー対策

セキュリティー対策も万全にしておかないと思わぬ被害に遭う可能性もあります。

Wordpressは多くの人たちが利用している大変便利なツールですが、実はハッカーに狙われやすいシステムでもあるのです。


そのため常に最新のセキュリティーを完備しておく必要があります。

もしも、対策をおこったってしまうと顧客情報が流出されてしまう恐れがあるため軽視してはいけません。  

WordPressでECサイトを作るために必要な機能

ショッピングカート

買い物かごはユーザーが選んだ商品を記憶したり、消費税、送料などの支払い総額を計算してくれる機能を持っています。

さらにクーポンやポイント割引、会員限定サービス、決済後の確認メールを自動でおこなってくれるか、などの機能も重要になってきます。


決済機能

購入する気があるユーザーでも支払い方法が少ないと購買意欲が下がってしまうかもしれません。


現在では、決済方法の多様化は経営政策の一環と考えた方が良いでしょう。

どんなユーザーがいて、どんな決済方法を求めているかを見極めてみることが大切になってきます。

商品・在庫・受注管理

商品の在庫管理、受注や出荷管理、顧客管理などをおこなってくれるプラグインなら業務を簡略化することができます。

選ぶ時はこのような機能があるかないかよく確認するようにしてみてくださいね。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームはユーザーとの窓口であるために必ず設置しなければいけない機能です。


EFO(入力フォーム最適化)と言われているようにユーザーがスムーズに問い合わせることができるとうことは、信頼にも関わってくるのです。

それによって、ユーザー離れを防止したり、よりユーザー満足度を高められるサイトに成長させることができるのです。

WordPressで簡単にECサイトを作れるプラグインとは?

Wordpressで簡単にECサイトを作れるおすすめのプラグインはWoocommerceです。

WoocommerceはWordpress上で販売に必要なコンテンツ(ブログ、商品ギャラリー)を利用できるため非常に使いやすく、操作も簡単です。


しかも無料でプラグインできるためコストも抑えることが出来ます。

世界シェアNO.1と利用者も多く、日本でも6,000サイトで使用されているため実績も高く安心して利用することが出来ます。

スポンサーリンク
 

Woocommerce にはKOMOJUがおすすめ

Woocommerce ではさまざまな機能のプラグインをECサイトに追加することが出来ます。
そこでさまざまな支払いに対応している決済代行を選ぶことが重要になってきます。

決済の多様化は今や売り上げに影響するとても大切な要素になっているため、顧客のニーズにあった決済方法は何かをよくリサーチしておくようにしましょう。そこでおすすめなのが「KOMOJU」です。


KOMOJUは、コンビニ決済、銀行振り込み、クレジットカード決済、ペイジー、キャリア決済(docomo、au、softbank)、スマホ決済(PayPay、LINEPay、メルペイ)、プリペイド決済など多くの支払いに対応しているので、ユーザーのカゴ落ちを防ぐことが出来ます。


また、「初期費用ゼロ、月額固定費ゼロ」でシンプルな利用体系なので、コストを気にする必要がありません。

さらにKOMOJUはセキュリティーを十分に考慮して開発されていますので、安心して利用することが出来ます。WoocommerceにKOMOJUを導入することでさまざまなメリットを得られるのです。

WooCommerceストアに決済手段を導入する|決済代行のKOMOJU
WooCommerceの決済サービスなら、KOMOJU。WordPressのプラグインとしてKOMOJUを導入するだけで、ECサイトに必要な全ての決済方法を簡単に利用可能です。

さらに、韓国やヨーロッパにおちて世界的企業の決済処理もおこなっているため、世界に顧客層を広げることも可能になります。

さらに全ての取引を1回の契約と回線を導入するだけで利用することが出来るのも多くなメリットと言えるでしょう。

Woocommerce とKOMOJUで安心安全な経営を

WordpressでECサイトを構築するときには、事前の準備やセキュリティーに関する知識を身に付けないといけません。

Woocommerce とKOMOJUのプラグインを利用することで、安心安全なサイトを構築することが出来ます。
こんなはずではなかったと後悔する前に、効率よく最適化されたサイトを作っていきましょう。  
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ