モラタメさんで「モンダミン ペパーミント 濃縮タイプ 220mL」もらえたよ!

モラタメさんでもらえる商品に当選しました!


今回も気がついたら届くパターンでしたw



届いたあと、モラタメさんのサイトにログインして自分のアカウント見たのですが、当選マークが付いていない。。

届いてから2日経過しているので、更新されていないことにちょっと疑問を持っていますが、とりあえず届いたその日に早速使ってみたので感想を書いていきますねー!

※1週間後くらい無事に反映されました
 

モラタメは、新商品や話題の商品をもらったり(なんとタダ!)試したり(送料のみ)出来るサービスです。
とても楽しいので一度ためしてみてはどうでしょうか。以下から登録出来ます。

 
スポンサーリンク

もらえた商品は洗口液!

今回もらえた商品は「モンダミン ペパーミント 濃縮タイプ 220mL」です。

モンダミン ペパーミント 濃縮タイプ 220mL | オーラルケア | アース製薬 製品情報
アース製薬のモンダミン ペパーミント 濃縮タイプ 220mLをご紹介します。軽くてコンパクトなのにたっぷり使える、うすめて使うタイプの洗口液。

モンダミンって私のイメージとしてはCM。
なんか「お口くちゅくちゅモンダミン♪」って曲の頃の印象が強いです。



…いつ頃か覚えてないですが(´・ω・`)



そして今更ですが驚いたのは、販売メーカー が アース製薬 だったってこと。
アース製薬は殺虫剤のイメージが強すぎて、モンダミン作っている会社だとは知りませんでした。

ゴキジェットには相当お世話になっていますよ!


他にもセボンとかもあるんですね…商品名はよく聞くのに、会社はあまり把握できてませんでした(´・ω・`)


さて、今回はオーラルケアである洗口液。
私が洗口液ってジャンルの商品を目にするようになったのは数年前からかな。


というのは、私が子供の頃は、モンダミンといったら、歯磨き前に使って吐き出してから磨くという液体ハミガキタイプのイメージが強いです。


私自身、小学生くらいの頃に1~2回程度使った程度ですが。。



洗口液は、東日本大震災のタイミングで商品の存在を知りました。
歯磨きした後に、口を濯いでコーティングするイメージです。


我が家でも一応洗面台には置いているのですが、ほとんど使っていないというのが実情(´・ω・`)
ちなみに、使っているのはクリアクリーン。


後で写真で比較しますが、今回届いたモンダミンの洗口液は濃縮タイプで220mlとかなり少量です。
我が家で利用しているクリアクリーン洗口液は少し古いタイプということもあり、1000mlタイプ。


「分量が少ないじゃん!」と思うかもしれません。
実際に220mlと少ないのですが、濃縮タイプのため薄めて使うんですよね。


しかも1回の使用量は2mlなので、110回も使うことができます。

比較し、クリアクリーンは濃縮タイプではないため、50回程度しか使えない&図体もでかい


アース製薬の洗口液という分野にて、初めての濃縮タイプということなので、今のクリアクリーンと比較して試してみました!

届いた!

というわけで届いたダンボールをビリっと開封。



いつもモラタメさんのダンボールを開けると、こういう形で紙が入っています。
この紙を見ればひと目で特徴がわかるのでありがたいですね。

たった 220mL で 特大ボトル(1080ml) 約2本

とにかくコンパクト化したことがわかりますよねー!

ペラっとこの紙をどけると…



本体が出てきました。
モンダミン史上初の濃縮タイプとのことで楽しみです。



裏面には使い方が書いてあります。
キャップがカップになるように工夫されていることがわかります。

写真だとスケールがわかりませんが、下の方に220mlと。


多分、、、キッチンなどに計量カップとかがあると思うのですが、それを想像してもらえれば220mlってかなり少ないってことがわかるかなぁと。


成分は…正直化学すぎてわかりませんw
ちなみに我が家で今使っている(ほとんど使われていないから古いパッケージ)クリアクリーンはこちら。



左下を見てみると、1000mlとの表記。
デカさでいうと…1Lの牛乳レベル!!


洗面台においてあると考えるとめっちゃでかいですよね(´・ω・`)


写真には写りきっていませんが、クリアクリーンは上部がシャンプー容器みたいにプッシュしながら出す感じです。

というわけで、まだクリアクリーン使いかけですがモンダミン使っていきますねー!!

スポンサーリンク
 

使ってみた

早速パッケージ剥がしてキャップを取り外しっと。



見た目からして一滴ずつ落ちてきてくれそうな形状です。
しかもこの形状なら変に垂れることはなさそう。

というわけで早速やってみることに。



微妙に中央のくぼみからずれてしまってますが、結構狙ったとこに入りました。
また、キャップの内側の線もわかりやすく、20という線がバッチリ見えます。


ここまで水を入れて早速口を濯いでみます。

…20mlって結構口いっぱいになるw


大人の私でも少し多いかなと思ったので家族で使うと考えた時というか、子供にとっては意外と使いづらいかもしれません。


薄めないタイプであればそこの微調整ができるのですが、希薄タイプは特定の分量でしか作れないのはデメリット…というかしょうがないですね。


味は、刺激はあまり強くなく一般的な洗口液と同じように使うことができそうと感じました。

まとめ

届いてその日に早速使ってみました。
トラックバックは遅くなってしまいましたが(´・ω・`)


まず、この商品の 最大のメリットは本体サイズが小さい こと。

我が家もですが、洗面台ってあまり広くない家庭が多いのかなと勝手に思っていますが、洗口液というどちらかというとメインで使われることが少ない商品が大きく場所を取らないというのは新しいと感じました。


…メインで使われることが少ないって失礼ですけどもw

よくある商品と比較して20%程度サイズを減らしながらも利用回数は減らないというのはめっちゃメリットかなと思います。



が、それによってデメリットも発生してしまっていて、それは細かな量の調節ができないこと。

とりあえず説明どおりに使ったら、口に含む量が20mlなのですが、私にとっては20mlって微妙に多いなと感じました。


感覚的に15mlくらいだと、口を濯ぎやすいと感じました。
また、子供にとっては20mlは少し多いのかなと。


ただ、濃縮タイプなのでこの微妙な調整をキャップ一つでやるのは難しいかなぁ…と思いますが、、、アース製薬さんのアイデアに期待することにしますw


というわけで、今回はモンダミンの洗口液について書いてきました。
届いてから、私だけですがまた洗口液を使い始めています。


口がさっぱりとしていい感じになる & 非常袋とかに忍び込ませると便利なので気になる人は試してみてくださいねー!  
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ