IPv6 DNS

今日は技術メモ。

IPv6DNS構築についての簡易メモ。
自分用のメモなので間違いがあったりします。



前提は、

  • IPv4DNSが動作していること
  • BINDのバージョンが9以上のこと


くらいでしょうか、多分… どんな設定でやったかとかバージョンとか覚えてないからいつもどおり適当で。


通常のBINDの設定は以下のファイルを編集することで終わります。


  • /etc/named.conf 一般的なコンフィグファイルと同じ
  • /var/named/***.zone 正引き用ファイル
  • /var/named/***.rev 逆引き用ファイル




ここまでやれれば終わったも同然ですw


つまり普通の設定と同じでできちゃう感じで。


記載例として、


[aaa.com.zone] domain IN AAAA fe80::******* [fe80::.rev] *.——–.* IN PTR ***.aaa.com 行を追加 *.———.*はマックアドレスを逆から書く。   って感じです。

正引きのAAAAはv6の問い合わせにはこれを返すよってな感じです。
Aとか出来たら返さないはずです。
ANYの時は返したような…不確かな記憶なのでRFCで調べるのが良いかもです。



今回はリンクローカルアドレスについてだけですが、 ステートレス、ステートフルでも出来るはずです、DDNSにしておけば。

やる意味があるかわかりませんが。。

[ad]



正直、こんなので動くのかって感じですが、動いちゃうんですよねー。 IPv6っていろいろ調べていくと結構深いようなので、 思いついたときにどんどん追加していく予定です。




どうでもいいメモ: 今日の天皇賞(春)、馬連とりました!!! 100倍ですた、ウヒヒ。

↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓


ブログランキング・にほんブログ村へ