【書籍レビュー】続々ヒーローズ – 北川 恵海

書籍レビュー!
ストックは残りこれ合わせて2つ


それを書き終えたら、本を最近読んでいないこともあるのですがちょっと書籍レビューは休もうかなと。




…休もうというか、、、読んでないから書けない。。。



別のことをすることが増えてしまってます。
ゲームしたり、動画見たりの優先度が高く…(´・ω・`)


せめて通勤時は本を読むとかにすればいい気がするのですが、AmazonPrime動画を見るのが習慣になってしまってます。



せっかく前にブックカバーも買ったのに!

初めてのminnne。一目惚れしたブックカバー、見つけてから30分後には買ってましたw
ここのところ、ずーっと書き溜めていたものに肉付けして書いてきたこともあり、季節外れや自分の中でかなり温めすぎていた内容のものばかりブログに書いていました。今回はそんなことが無いようにガーッと一気に書いたのですが、公開タイミングを逃...

生活習慣が変わったらまた読み始めると思います。
というか、そのほうが書いてすぐにブログに書くことができるのでいいかも!


というわけで、今回は2020年10月5日に読了した本について書いていきますねー!
スポンサーリンク

今回読んだ本と選んだ理由

今回読んだ本はこちら!



以前読んだヒーローズがかなり楽しく読めたというか、嫌な気持ちになることなくすんなりと読むことができたことから、新しいの出ていないかなぁ…と思って調べたら出版されていることを知って読むことにしました。


ヒーローズ、続ヒーローズと読んできて期待を裏切られることがなかったので絶対間違いないと思い読むことにしました。


著者の北川 恵海さんの書く文章が読みやすいというのもあります。

簡単な本の紹介

あらすじはAmazonから引用しますね。

『ヒーローになりたい方お手伝いします!』が売り文句のヒーローズ(株)。

いろいろ不思議なこの会社の中で、修司は周りの社員に比べて“普通”であることには悩みつつも、仕事に奮闘する毎日を送っていた。

ある日事務所に訪れた依頼人は、修司の顔を見るなり泣きだしてしまい……。

夢を抱えて、働き、生きる依頼人や同僚たち、それぞれの人生が交差して生まれる絆の物語。
読んだ後はきっと、自分にも他人にもエールを送りたくなる、待望のシリーズ第二弾!

絆物語。

そう、前回のヒーローズも優しい話でした。
今回も紹介文を読む限り、元気づけてくれそうなストーリというのがひしひしと伝わってきます。

スポンサーリンク

感想

読んだ結果…安定の優しさで元気をもらうことができるストーリーでした。

最初の話では、兄弟が出てくるのですが、兄弟にありがちな劣等感を抱いたままヒーローズ株式会社の入社試験を受ける話でした。



初刊であるヒーローズで入社した主人公が、面接官という設定でしたが、どちらかというと兄弟のほうがメインで話が進んでいきました。

もちろん、主人公の苦悩と最後にスッキリと話を追える辺りは流石だと感じました。


というか、、、やっぱりこういう話は好きだなぁw

 

総評

読みやすさ:★★★★★
ボリューム:★★★★★
同一著者の作品を読みたい度:★★★★★
総合評価:★★★★★

ALL満点!



多分私にあっているんでしょうね。。
読んでいて楽になれるし、登場人物の気持ちもよく伝わってくるし、読んでいて楽しい!


多分人によっては、実際の社会ではこんな優しい世界はないとか思うかもしれません。
…まぁ、、、ないかもしれませんが、こういった話を読むことで休息するというものいいのかなと感じています。

この本をオススメしたい人

  • 北川 恵海さんファンの人
  • 元気になりたい人
まずは北川 恵海さんファンの人。
私の中ではヒーローズの人になっていますw


が、私自身ヒーローズを期待しているので問題ありませんが、ちょっと彼女が書く別の話も読んでみたいと思っています。

…というレベルでハマっている人におすすめしたいです。



そして元気になりたい人。
私はここ1~2年、仕事への悩みがつきません。


特に転職してからですね(´・ω・`)
早く解決したいですが、こういった悩みを持っている人とかは読むと少し元気になれる気がします。


ほっこり優しくなれるので、気になる人は是非読んでみてくださいねー!

↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ