【香水】ランバン エクラドゥアルページュ オードパルファム買ったよ

perfume-789816_640

以前の記事を読んでもらえればわかりますが、実は間違えて買っちゃった香水ですw


デザインや口コミを見る限り、どう考えても女性用なのですが、男女兼用出来そうかどうか何日か付けてみました。

調べてみると、なんと女性に大人気な香水ということや、香水と行ったらこれでしょ! と呼ばれる類の香水でした。
スポンサーリンク

香水の種類

香水にも種類があります。というか、、私は2種類しかしりませんでした。

高校生の時に流行り、かれこれ10年以上もお世話になっているのに2種類しかしらなかったとかw 

普通の香水(この言い方もおかしい)と、オーデコロン。なぜ2種類しか知らなかったというと、しっかりとパッケージを見たことがなかったことと、自分が昔持っていたものがオーデコロンだったからという酷い理由ですがw


調べてまとめてみました。
種類香料濃度持続時間
パルファム25%以上5時間~6時間
オードパルファム10%~15%5時間前後
オーデトワレ5%~10%3時間前後
オーデコロン~5%以下2時間前後
自分が今持っている香水を見てみると、すべてオーデトワレでした。
3時間前後で香りが消えていたのね……。

ちなみに持っていた香水はこれら。
結構多いですw




何か時代を感じるもの(昔流行ったもの)ばかりw




……おっさんになったなぁwwwwww




ちなみに一番のお気に入りは、スカルプチャー。スッキリしつつ甘い香りが好きです。

香水を付ける場所

えっ? 手首に付けてうなじとか耳の裏付近にこすりつけるんじゃないの?


違います!



と言っておきながら、私も今知りましたw


ずっと、手首とうなじに付近にこすりつけていましたよ……。



手首やうなじにつけると、香りがきつくなってしまうようです。香水はやっぱり、通り過ぎた後にふわっと香るのがいいとのことでした。


そしてふわっと香らせる為には、上半身ではなく下半身につけるほうがいいらしいので、真似をして足首につけました。


足首は汗を書くことも少なく体温の変化も少ない所なのでいいとのこと。それに加えて私は腰にもつけています。

朝、服を着る前にシュッっと一吹き。
それが乾ききってから服を着ます。

間違えて香水を買ったおかげで正しい香水の付け方を覚えることが出来たのでよしとしますw

ランバン エクラドゥアルページュの香り

間違えて購入してしまった香水 、ランバン エクラドゥアルページュを付けてみました。


……全く男っぽくないwwwww


…しょうがないですねw 完全に女性用w

ただ、香りは全く嫌味のない感じです。つけすぎにさえ注意すれば、とても心地よい香りがします。

よく口コミで見る「万人に好かれる香り」というのがわかる気がします。

スポンサーリンク

男女兼用は可能?

正直な感想は「女性が付けたほうがいい」という感想です。


男性らしさが全くといっていいほどありません。

男性らしい香りと言われても難しいのですが、私のイメージとしてシトラス系とか、クール系な感じが男性らしいのですが、これはフローラル系というか女性的な甘さがある感じです。


う~~ん、例えるなら……男性がいち髪を使う感じ?

まとめ

私はつけ続けますが、やっぱり女性向けの香りです。


男性がつけていてもいいとは思いますが、強烈に香りを出すより、柔軟剤の匂いっぽくふんわりと香らせることでつけていても変じゃないかなと個人的には思います。


個人的には女性の場合は結構多めに香っていても嫌味が少ないかなぁ。 オードパルファムなので、アトマイザーがあると出先でちょろっと香りを追加できて便利ですよ。


私は、昼ごはんを食べたあとにちょい足しします。
付けてから大体5時間程度経過するのがその時間なので。。。

さて、このエクラドウアルページュはビン部とスプレー部が外せず、スポイトを使ってアトマイザーに移すことが出来ません。


そのため、スプレー部を付け替えて移し替えるか直接プッシュする
このヤマダアトマイザー 5204 であれば、詰替え用ノズルが付いているのでとても便利です! 2015年4月8日に新商品(限定発売)が出ました。香水じゃないですが香るハンドクリーム みたいです。
香水苦手な人はこっちにすれば、肌も潤ってちょうどいいかも。
ランバンの“愛されフレグランス”のハンドクリームが限定登場。
ファッション誌『VOGUE JAPAN』の公式サイト。メイクアップアーティストやヘアスタイリスト、ファッション業界人や美容のプロに徹底取材。最新のトレンド、美容の裏技、おすすめコスメなどをご紹介。
↓↓↓ブログランキングに参加しています。m(_ _)m ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ